栄養の偏りが気になる方に

野菜不足になりがちな現代食

海外では、健康のためにヘルシーな和食が注目を集めています。

ですが、和食の国である私たち日本人は、和食よりも欧米食を好んで食べている傾向にあります。

休みの日などファーストフードやファミレスなど、子供連れの家族などで混雑しています。たまに外食でもという場合、和食の店を選ぶという家族の方はどのくらいいるのでしょうか?

やはり、子供が好きなスパゲティやハンバーグなどのあるお店を選ぶと言うのが大半であります。また、家庭で作る料理などもそのような洋食を中心としたものが多くなります。

食事の献立を考える時に、子供が好きな物を作るという母親も多くなってきています。

子供は、麺類や肉類などは好んで食べますが、煮物や煮魚と言ったものはあまり好んでは食べません。

ところがこうした子供が好む食べ物の多くはあまり噛まずしても飲みこむことができたり、炭水化物も多いものばかりなので、そういったものばかりを食べていると栄養面や顎などの発達にも影響してきます。

よく噛んで食べることは、顎の発達や便秘の解消また、食べ過ぎなどの防止に効果をもたらします。

子供だけではなく、最近では共働きの家庭も多くなり、手間のかかる料理よりも簡単にすぐに食べれる食事になりがちという家庭もあります。そのためどうしても野菜が不足した献立になってしまうという事にもなりかねません。

短い調理時間で野菜たっぷりの食事を作るには?

野菜は、とてもビタミンが豊富な食材でもあります。ですが、仕事から帰ってきて煮物やポトフなど時間のかかるものは作れないという事もあります。

そこでオススメなのは、半調理野菜!

下処理済で、個別包装されているので届いたその日からすぐに使えます。

温野菜
調理に時間のかかる根菜類などスチーム加熱処理済みなので、届いたら味付けのみですぐ食べられます。
冷野菜
サラダや炒め物などに使えるよう野菜も27種類で切り方も19通りの中から選べます。

こうした半調理野菜を使えば、面倒な煮物もあっという間に出来上がります。主菜・副食・汁物が最長でも12分程で作れます。

例えば、ホウレンソウといんげんのバターガーリック炒めなどは、通常10分程度かかるところ半調理野菜を使用した場合4分程で出来上がります。

また、大根と鶏肉の煮物などは大根があらかじめ下ごしらえをされて届きますので、下ゆでする手間が省けます。ですので、大根の他に鶏肉を入れ味付けをしたら出来上がりで、調理時間は約6分で出来上がります。

このように下ごしらえ済の半調理野菜の場合子供も待たすことなく、栄養バランスのとれた食事が用意できます。

野菜が不足しがち、栄養バランスが気になるという方は、半調理野菜を是非お試しいただきたいと思います。

も合わせてご覧になってみてください。